« 2016年5月 | トップページ | 2017年4月 »

2016年6月

2016年6月18日 (土)

6月の紫陽花より(その2)

梅雨の頃に似合う花…あじさい

雨上がりの日の一枚です。

   紫陽花の大一輪となりにけり (詠み人  嘯山)

                -新歳時記より-

888img_0504

2016年6月11日 (土)

6月(水無月・みなづき)の紫陽花

6月のことを旧暦の呼び方では、「水無月(みなづき)」といいますね…。

梅雨の時期で雨がたくさん降る月なのに、水の無い月っていうのはどういうこと?

って思いますよね。

「水無月」のにあたる連体助詞です。

「水無月」は水の月ということになります。

田植えが済み、田に水を張る必要があることから水の月”→「水無月」と

ばれるようになったようです。

日本語は意味が深くて、実に素晴しい言葉です!!

         ― 6月の暮らし、歳時記より ―

000img_0479


« 2016年5月 | トップページ | 2017年4月 »